スポンサーリンク

幸福度をはかる12の質問

会社,幸福度,従業員満足度

米国最大の調査会社であるギャラップ社が、

全世界1300万人のビジネスパーソンを対象とした「働く人の幸福感」についての調査を実施しました。

 

その調査結果から導き出された結果では、

日本は139カ国中132位という最下位レベルであったことが明らかになりました。

 

もちろん、日本人特有のものの考え方や人間関係のあり方、文化などがあり、

欧米企業の尺度ですべてを判断することはできません。

 

しかし、この結果は「当たらずしも遠からず」といったところではないでしょうか。

100%肯定することはできませんが、あながち間違いでもないということです。

 

具体的には、「熱意あふれる社員」の割合が、米国の32%に比べて日本は6%でした。

「周囲に不満をまき散らしている無気力な社員」の割合は24%

「やる気のない社員」はなんと70%に達しています。

 

この結果をもたらした調査に使用されたのが「幸福度をはかる12の質問」です。

その内容につきましては以下の通りとなりますが、各項目の満点は5点となります。

 

会社,幸福度,従業員満足ど

 

スポンサーリンク

 

 

幸福度のカギを握っているのはマネジャーの資質

会社,働く,幸福度,従業員満足ど

もしこの12の質問すべてに5点満点で最高点をつけたらどうでしょうか。

職場が楽しくて、ワクワクしながら自発的に仕事するイメージが湧いてくるのではないでしょうか。

 

ES(従業員満足度)を理念に加える会社が増えてきました。

ESによってCS(顧客満足度)の向上がはかられ、

強いてはそれがCSR(企業の社会貢献)につながることがわかってきたからです。

 

しかし、これからの時代に必要なことは、会社から与えられるESではなく、

自律的・自発的な「幸福度」の向上にあります。

 

社員の幸福度を左右する原因はマネジャー(上司)にあります。

社員の “やる気” を引き出すのは【Q12】です。

これを意識したマネジメントをすることが大切です。

 

また、業績に直結するマネジャーが注力するポイントは、【Q1】〜【Q6】の6項目です。

この6つの項目すべての質問に部下が満点の5点をつけるのは極めて難しいとされています。

 

部下の一人ひとりに深くコミットし、仕事を褒め、成長の機会を与え、

方で指導するべきは指導しなければなりません。

マネジャーとしての能力が問われるものです。

 

社員の退職にもマネジャーが関わっています。

定着率を左右するポイントは【Q1】【Q2】【Q3】【Q5】【Q7】の5つです。

離職率が高い傾向にあるならば、この5つのポイントを改善する努力がマネジャーに望まれます。

 

 

「幸福度をはかる12の質問」を分析する

会社,仕事,幸福度,従業員満足度

この「幸福度をはかる12の質問」の内容は、脳科学や心理学に基づくものです。

 

人がどのような環境にあれば、やる気を出して、

能動的・自発的に動くことができるかということです。

 

もともとコミュニケーションスキルの後進国である日本では、

これまでこのようなことには無関心であったことは事実です。

 

しかしながら、これらのことが科学的に証明され、

社員の幸福度によって、業績や離職率にダイレクトに影響を与えることがわかってきました。

 

幸福度や満足度に取り組んでいたとしても、多くの場合は表面上のものでしかありません。

その意味では、「幸福度をはかる12の質問」は大変有意義なツールでもあります。

 

それぞれの質問が持つ真の意味を理解することが重要です。

なぜ必要なのか、実行した場合に人はどのような感情が伴うのか、を分析することで、

このツールの持つ意味が理解できると思います。

 

そしてその取り組みが、やがて企業にとっての繁栄をもたらすと考えます。

優秀な人材、右肩上がりの業績、幸福度の高い風土。これらが結果的に備わってくるのです。


スポンサーリンク