スポンサーリンク

脳は今の環境にしがみつく

脳,思考,考え方,悩み,失敗

脳は現在の環境に依存する傾向にあ

ります。

「今の環境を変えた方がいいのでは」

と思っていても、なかなか行動に移

すことができません。

 

この程度ならまだいいのですが、目

の前のチャンスや大きな可能性に対

しても、一歩踏み出すことができな

くしていることは大問題です。

 

脳の思考は、それまでの経験知識

です。

脳のデータベースに存在しない新た

な環境はリスクと捉え、ストレス

してしまうのです。

 

 

言ってることと、やってることの矛盾

脳科学,悩み,環境,矛盾

仕事を転職した方がいい、今の恋人

とは別れた方がいい、など人生の転

換期とも呼べる出来事は頻繁に訪れ

ます。

 

そうした思いを抱いたとしても、な

かなか実行に移すことができません。

果たして今よりいい仕事に就けるか、

理想の恋人に出会えるか、などを自

問します。

 

この自問は、実は脳の特性のひとつ

です。

なんとか今の環境に留まらせようと

するのです。

脳の成長にはさまざまな経験を積む

ことが大切です。

本能的には、チャレンジしたり、可

能性を追求することを望みますが、

脳がそれを自制しようと働きかける

のです。

 

この矛盾した脳の考え方によって、

「悩み」が起こるのです。

「悩むことは大切だ」と言う方もい

らっしゃいますが、悩みは単なる

の気まぐれに過ぎないのです。

 

スポンサーリンク

 

失敗の経験こそ脳の成長をもたらす

脳科学,失敗,環境,失敗

大切なことをお伝えします。

何を選択したとしても人生に失敗は

ありません

それは失敗ではなく、上手くいかな

い方法を脳が学んだことです。

 

「悩む」という行為は、上手くいく

かどうかの判断ができないことです。

この判断は脳の中に知識や経験があ

るかどうかです。

まったく初めてのことであれば、脳

に情報が蓄積されていませんので、

判断できるはずがないのです。

 

脳が成長するというのは、経験や知

識の情報が脳のデータベースに蓄積

されることです。

しかも、記憶として残りやすいのは、

成功体験よりも失敗の経験なんです。

 

上手くいったことの多くは、「たま

たま」という場合が多いのではない

でしょうか。

そこに行き着くプロセスがしっかり

あったわけではないと思います。

つまり、記憶としては曖昧であった

り、すぐに忘れてしまうようなもの

です。

 

それに対して失敗の経験は、深く脳

に刻み込まれます

失敗することで、挫折感悲しみ

悔しさなどの感情が起こるからです。

この感情によって、記憶として脳に

残るのです。

 

そしてこの失敗の経験が知識となる

わけです。

この情報が多ければ、どんな出来事

に遭遇しても、どんな選択をすれば

いいのかを知っています。

上手くいかない方法を知っているわ

けですから、成功するための最短ル

ートも知っているということです。

 

脳が成長するということは、この

敗の経験の数をいいます。

誰もができるだけ失敗を避けたいと

思いますが、これではいつまでたっ

ても脳の成長は望めなくなってしま

います。

そして悩み続けることにもなります。

 

 

悩むことを諦めた瞬間に幸福が訪れる

脳科学,悩み,解決,幸福

悩みのメカニズムが理解できたと思

います。

人生にはいくつもの岐路があります

そうした選択に迫られたとき、直感

インスピレーションに頼るべきで

す。

 

脳の中に情報がなければ、どのみち

正しい選択はできません。

もしも間違った選択をしたとしても、

それは脳の中に上手くいかない方法

の情報が蓄積されることですから、

結果的に成功へ近づくことになりま

す。

 

考えても出ない答えを引き出そう

するから悩むのです。

思い立ったらすべてトライなんです。

ここで重要な考え方をお教えします。

 

自分の選択が間違いだったとします。

その時の感情は、落ち込みだったり、

悲しみだったり、悔しさだったりし

ます。

でも実際にはそうではありません。

実はチャンス到来の絶好機です。

 

多くの方は失敗に対してマイナスの

感情を抱きます。

マイナスの感情が考え方も行動も抑

制してしまいます。

そもそもこれこそが間違いです。

 

せっかくチャンスがやってきたので

すから、前向きに笑顔で楽しみ

ながら、摑み取ればいいのです。

 

脳は私たちの幸福を邪魔することが

とても多いのです。

脳の言いなりになっていては、チャ

ンスを掴み取ることはできません。

目の前に起きた出来事や思いは、

偶然なんかではありません

何かしらの意味があることなんです。

ですからすべてトライしていいんで

す。

それこそが正しい答えとなります。

脳,思考,大罪

 


スポンサーリンク