スポンサーリンク

「がん」を本音で知る

医療,がん,セカンドオピニオン

「がん」という病気についての本や情報は世の中にたくさんあります。

 

しかし、医療側の視点から書かれたものが多いのが現実です。

 

この記事では、これまでに収集した医療の本音というか、

裏側から見た「がん」についての真実をお伝えします。

 

がんの原因は “ストレス” がもっとも有力

「がん」は自分自身の細胞が変異したために、

本来の生命維持のための働きができなくなったものです。

 

ある意味、細胞が自傷行為を繰り返すことです。

 

現時点で「がん」の大半は原因不明です。

 

原因がわからないということは、させることはできないということです。

 

現在の治療は、すべて対症療法の範囲で行われています。

 

「がん」の元となる細胞変異は身体の中で毎日作られています。

 

その数は2,500〜3,000もあります。

 

その細胞変異が何らかの原因で「がん化」してしまうのです。

 

この「何らかの原因」には諸説あります。

 

現段階でもっとも有力な見方としては、

ストレスによる自律神経の乱れがあります。

 

自律神経は、脳からの生命維持の指令を身体の細部へ伝達するための神経です。

 

自律神経のバランスが崩れた状態では、

脳からの指令が正しく伝わらななってしまいます。

 

そうした間違った指令が身体のどこかで歪みとなります。

 

その歪みがやがて「がん化」するのではないかと考えられます。

 

免疫力の低下が「がん化」を進行させる

別の考え方では、免疫力の低下も考えられます。

 

胃がんを例にすれば、細胞の異変から30年で「がん化」すると言われています。

 

今から30年以上前の1980年代後半には抗生物質全盛の時代がありました。

 

現在から考えれば明らかに「乱用」とも言うべき使われ方ですが、

当時はそれがベストな選択であったことも事実です。

 

実はこの抗生物質の服用によって、腸内細菌が死滅していたことがわかりました。

 

最近の腸内細菌の研究から、免疫の70%は腸でつくられ、

そのために働いてくれていたのが善玉菌と呼ばれる腸内細菌だったのです。

 

この因果関係については、何も証明できるデータはありませんが、

時系列で事実を追っていくと、現在のがんの患者数の増加と一致しているのが

無関係であるとは言えないのです。

 

スポンサーリンク

 

がん治療はどこまで期待できるか

医療,がん,セカンドオピニオン

「がん」が急増している背景には、ストレスや生活習慣が指摘されています。

 

しかしそれ以上に言えることは、断技術の進歩にあります。

 

「がん」を発見する技術が進歩したために患者数が増えていることも事実です。

 

もちろんストレスや免疫力の低下による要因もありますが、

「がん」を発見するための技術が向上したことも大きな要因のひとつです。

 

「がん」の治療法は試行錯誤

「がん」のほとんどは未だ原因がわかっていません。

 

ですから、この治療法で治るということは残念ながらありません。

 

一般的には、外科的手術抗がん剤療法放射線療法が治療が柱となっています。

 

何をどのように組み合わせるか、どんな術式がいいか、

などは日々研究を重ねて、現段階で最善の方法が行われています。

 

医療の現場に目をやると、これらの治療法は最善とは言いながらも、

完治には程遠い状況であるのが事実です。

 

「がん」治療の目的が “延命” であることは間違いありません。

 

確かに以前に比べて延命率は確実に伸びています。

 

しかし、その裏側には手術による遺症辛い副作用があることも事実です。

 

抗がん剤の有効率は全体で見ると30%以下です。

 

後遺症や副作用によって精神的にダメージを受け、それがストレスとなっています。

 

ストレスによってさらに自律神経は乱されます。

 

自律神経が正常に機能しなければ、

免疫機能も低下しますので、「がん」は勢いを増すことも十分に考えられます。

 

完全オーダーメイドでなければならない

「がん」は免疫系疾患に分類されます。

 

人の遺伝子と密接に関わっていますので、

治療法や使われる抗がん剤も、その人に適したものが望まれます。

 

ようやくそれを実施する医療機関が出てきたのは望ましいことですが、

それはほんの一部の限られた施設です。

 

高度先進医療という言葉を耳にしたことがあると思いますが、

「がん」治療では、主に重粒子線治療のことを指しています。

 

保険適応外ですので高額な金額が必要となります。

 

生命保険などでは特約として必須のような扱いになっています。

 

重粒子線が保険適応されないのは、効果について疑問視されているからです。

 

効果が期待できる癌種も限られていますし、

患者さんの遺伝子のタイプによっても違いがあります。

 

 

ストレスの低減や免疫力の向上に着目

医療,がん,治療,ストレス,免疫力

現段階における「がん」治療を否定しているわけではありません。

 

原因がわかっていない状況では、延命治療も仕方のないところです。

 

しかも、「がん」が発見された段階で、誰もが治療を望むはずですから、

しばらくはこの状態が続くものと予想できます。

 

ただひとつの提言として申し上げます。

 

ストレスを極限まで無くす免疫力を最大限に高める

この2つを実現できたなら、「がん」の進行が抑えられるのではないかと考えます。

 

前述しましたように、「がん」は人それぞれで違いがあります。

 

同じ人に現在のがん治療を施した場合とそうでない場合を比較することはできません。

 

ただ言えることは、予防対策として、ストレスを抱えないこと

免疫力を高めること、この2つを実践することだけはオススメします。

 

ストレスは自分自身でつくり出しているものです。

 

「期待をせずに諦める」という考え方をすることで、

溜め込むことがなくなります。

 

免疫の70%は腸内でつくられています。

 

腸内環境を改善することによって、免疫力は高まります。

 

長年医療に携わってきて思うことは、

「医療は素晴らしいものである」ということです。

 

しかし病気の7割が原因不明という現実の元では、治療には限界があります。

 

今後の解明次第では、現在の治療法が否定されることも珍しくないということです。

 


スポンサーリンク