スポンサーリンク

1995年に死亡率が同程度だった米国との差が広がる

癌,がん,ガン,患者,医療

日本は2人に1人がガンになり、3

人に1人がガンで死亡する時代にな

っています。

 

驚くべき話をします。

実は、世界の先進国の中で、ガン患

者の死亡者数が増加しているのは日

本だけなんです。

米国と比較しても、1年間にガンで

死亡する人の数は、人口10万あたり

で換算すると、米国の1.6倍となって

います。

 

平均寿命が女性では世界一、男性で

も世界第4位で、長寿大国と言われ

ている一方で、ガン患者の死亡者数

は、30年で2倍以上となっています。

 

欧米では、毎年5%ずつガン患者の

死亡数が減っています。

しかし、日本では増え続けている

実があります。

 

1995年に日本と米国では、ガン患者

死亡数は同程度であったのに、今で

はその差はどんどん広がっています。

 

日本の医療技術は世界的に見てもト

ップクラスですが、なぜ他の先進国

のように死亡者数を減らすことがで

きないのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

ガン死亡者数の増加の理由は、ほんとうに高齢化のせい?

ガン,癌,がん,医療,治療,高齢者

日本だけがガン死亡者数が増加して

いる理由は、高齢化にあると指摘さ

れています。

 

確かに高齢になるに従い、ガン患者

数は増えることは事実です。

50~54歳でがんを患っている人は、

約3万3000人。

60~64歳では、

約9万5000人。

70~74歳になると

約12万2000人となります。

 

だからといって、本当にそれが理由

なのでしょうか。

総人口に占める65歳以上の高齢者の

割合では、日本は24.4%で世界1位

です。

 

米国は13.63%で世界第41位ですが、

ドイツは21・1%(同2位)

イタリア20・82%(同3位)

フランス17・47%(同16位)などです。

 

高齢化しているのは日本と同じです

が、ドイツ、イタリア、フランスで

がんの死亡数は増えていないとい

う現実があります。

 

 

米国は食生活の変化によってガンを予防

がん,癌,ガン,治療,医療,食生活

米国では1970年代からガンなどの病

気が国家の財政を圧迫していること

が問題視されるようになりました。

 

そこで、国民の栄養と病気の関係

徹底的に調査を行い、ガンは薬では

治らないという結論に達しました。

 

そして、ガンを減らすには食生活を

変える必要があることがわかったの

です。

その後米国では、国家プロジェクト

として、がん予防に効果があると言

われる食べ物の作用の研究を進めた

結果、1992年以降、増え続けていた

ガンの死亡数が減少に転じていった

のです。

 

そうは言っても、米国の食生活のイ

メージは相変わらず肉食中心で、日

本人の方が明らかに健康な食生活を

送っていると思うのではないでしょ

うか。

 

でも、現代の日本人の食生活は必ず

しも健康的とは言いがたいのが現状

です。

これまでの和食中心というよりは、

食生活は欧米化が進んでいます。

肉の摂取量は50年間で約10倍脂肪

分は約3倍にも増えました。

 

逆に野菜や果物の摂取量は減り、米

国を下回っています。

日本人は運動量も少ないし、いまで

は多くの米国人のほうが健康的な食

生活を送っているとすら言えます

 

 

検診受診率の低さ、ガン治療に対する医者の意識に問題

ガン,癌,がん,治療,医療,放射線

現代のガンに対する治療では、早期

であれば9割以上を改善することが

できます。

 

しかし、驚くべきことは、他の先進

国と比較して検診率が圧倒的に低い

のです。

子宮頸癌の例では、日本が30〜40%

であるのに対して、米国では84%

なっています。

 

こうしたことは、国にも大きな責任

があります。

日本の医療は世界的にもトップクラ

スですが、それはあくまで “治療”

限ったことです。

「予防医学」に話を移せば、世界的

には後進国になってしまうのです。

 

また、治療についても日本特有の

入観が先立ちます。

日本のガン治療の主流は外科です。

ガンが見つかった時点で、手術可能

かどうかが判断されますし、患者さ

んも手術を望む傾向にあります。

 

しかし、米国では外科医と放射線医

と腫瘍内科医による話し合いによっ

て、患者さんにとって最善の治療法

が選択されます。

日本の放射線治療の割合は25%です

が、米国では60%程度となっていま

す。

 

外科的な治療法が最善というのは

い込みなんです。

手術と放射線治療の治癒率はほぼ同

とのデータがあります。

むしろ外科的治療では身体に大きな

負担を与えます。

後遺症もありますし、手術による

疫細胞の低下も想定できます。

 

このように、日本と米国では、食生

活も治療法も異なる結果となってい

ます。

それでいて日本はガン患者死亡率が

増加の一途をたどり、米国では年々

死亡率が低下している現実がありま

す。

 

こうした事実を国や医療が真摯に受

けとめてくれることを望みます。


スポンサーリンク