スポンサーリンク

脳は3大脳内物質でコントロールされている

恋愛,脳内物質,セロトニン

脳科学の観点から恋愛について解説

します。

恋愛を成功させるための方法がイン

ターネットや書籍などで数多く存在

します。

 

これらの恋愛成功法にも、脳科学

証明できるものもあります。

数ある恋愛成功法の中から、「なぜ」

を証明できる内容をご紹介します。

 

最初に「脳内物質」についてお話し

します。

脳内には「ドーパミン」「ノルアド

レナリン」「セロトニン」と呼ばれ

3大ホルモンがあります。

 

ドーパミンは「快感」「快楽」

ノルアドレナリンは「ストレス」

対する防御、そしてセロトニンは

「幸福感」をもたらしてくれます。

 

恋をしているときには、これらの物

質が脳内で働いているのです。

とくに誰かを好きになった段階では

ドーパミンが大量に放出されていま

す。

 

 

「気持ちいい」と感じるのはドーパミンの働き

恋愛,脳,ホルモン,ドーパミン

人間はつねに「快楽」を求めていま

す。地位、名誉、お金、美貌などで

す。

快楽以外にも、意欲やヤル気をもた

らしてくれます。

 

しかしドーパミンが過剰に出すぎる

「依存症」になることもあります。

アルコール、ニコチン、ギャンブル、

買い物、薬物などがそうです。

 

異性に恋愛感情を持つと、このドー

パミンが放出されます。

ドーパミンの大量放出によって冷静

な判断ができなくなることもありま

す。

 

「恋は盲目」なんて言葉もこの現象

によるものです。

ドーパミンは快楽を求めるホルモン

ですから、ひとたび恋愛感情を抱く

と、また会いたいという強い願望を

抱くようになります。

 

 

怒りを生み出すノルアドレナリン

恋愛,脳,ホルモン,ノルアドレナリン,怒り

日常生活のなかでストレスを感じる

ことは多いと思います。

脳のなかで作りあげた常識やルール

から外れたものや、想定外の負の出

来事に対して抱くのがストレスです。

 

ストレスとともに「危険」について

も察知します。このようなストレス

や危険を察知すると警戒態勢をとる

のがノルアドレナリンです。

 

いざという時に身を守ってくれてい

る大切なホルモンなのですが、過剰

に放出されると「怒り」を生み出し

ます。

 

別名「怒りのホルモン」と呼ばれ、

うつ病やパニック障害、対人恐怖

症などの原因ともなります。

 

スポンサーリンク

 

幸福感をもたらしてくれるセロトニン

恋愛,幸せ,セロトニン,脳,ホルモン

セロトニンは穏やかな精神状態にし

「幸福感」をもたらしてくれます。

別名「幸せホルモン」と呼ばれてい

ます。

 

そしてもうひとつ重要な働きがあり

ます。

ドーパミンとノルアドレナリンの暴

走をコントロールする役割です。

 

ドーパミンやノルアドレナリンは私

たちのために働く一方で、過剰にな

り過ぎることで、「依存症」「怒

り」に発展する欠点があります。

 

これらをバランスよくコントロール

してくれるのがセロトニンです。

ですからセロトニンが分泌していな

い状態では、精神状態に影響を及ぼ

したり健康を害することになってし

まうのです。

 

 

腸内環境を整えれば、セロトニンは放出しやすくなる

恋愛,脳,ホルモン,腸内環境,セロトニン

このように、異性を好きになって

中になることも、些細なことでケン

カになることも、脳のホルモンによ

るものだということがわかったと思

います。

 

これらのホルモンは感情が激しくな

ったときに放出されます。

恋愛がなかなか上手くいかないとき

などには、こうした喜怒哀楽の感情

を振り返り、冷静さを取り戻すこと

が大切です。

 

脳科学的に大切なことは、セロトニ

ンの放出さえ保っていれば、幸せな

恋愛ができるということです。

 

自分の意思でセロトニンを放出する

ことはできませんが、セロトニンを

つくってくれているのは腸内細菌

す。

腸内環境を整えておけばセロトニン

は放出されます

 

腸内環境を整えておくことで、恋愛

に限らず、健康美しさまでも手に

入れられます。

免疫の70%が腸でつくられ、細胞の

新陳代謝は自律神経のバランスによ

って行われます。自律神経のバラン

スは、正常な腸内環境によって保た

れているからです。

 

こうした喜怒哀楽も人生にとっては

スパイスとして刺激があっていいの

かも知れませんが、脳をコントロー

ルすることで、自分が望むような恋

にすることができます。

 

脳のコントロール法につきましては、

「脳の思考メカニズムが犯す7つの大罪」

で詳しく解説していますので、参考に

してください。

 


スポンサーリンク