スポンサーリンク

まずはこちらをご覧ください。

「脳・腸・体ダイエット」

要点が10秒で理解できます。

 

このブログはYouTubeでも

ご覧いただけます。

 ダイエットに欠かすことのできない三大要素

ダイエット,痩せる,脳,腸,代謝

ダイエットしようとしたとき、「ど

のダイエット法が自分に向いている

か」ということが真っ先に頭に浮か

ぶと思います。

 

巷にはさまざまなダイエット法があ

ります。

でもこれらのやり方は表面的なもの

なんです。

身体の中でダイエットの準備ができ

ていない段階では、どんなダイエッ

ト法を実行しても効果は期待できま

せん。

 

身体が痩せるための準備ができてい

るかどうかということなんです。

多くの方はダイエットを目的として

始められると思います。

だから「どのダイエット法がいいか」

という考えになるわけです。

 

そうではありません。

正しいダイエットは、「いつの間に

か痩せてた」「自然にダイエットが

できた」という結果的なものです。

 

食事制限したり、サプリメントを飲

んだり、筋トレや運動をしたけれど、

なかなか痩せられないという方が多

いのではないでしょうか。

それは、身体が痩せやすい状態にな

っていないからなんです。

 

それだけではありません。

無理なダイエットは身体にさまざま

リスクをもたらします。

もっとも危険なことは将来的なリス

です。

とくに食べないダイエットでは、必

要な栄養素が身体に取り込まれない

ために、正常な細胞の働きが阻害さ

れます。

 

これは精神的肉体的機能障害

必ずと言っていいほど起こりますし、

病気老化のリスクも格段に高くな

ります。

痩せられたとしても、日常生活に支

が出てしまっては、何の意味もな

いことになってしまいます。

 

痩せやすい身体にするためには、

「脳」「腸」「体」を正常な状態に

することが大前提なんです。

このことを怠れば、何をしても痩せ

ませんし。

逆に「脳・腸・体」が正しく機能し

ていれば、何もしなくても勝手に痩

せやすくなります。

 

 

太るメカニズムをきちんと理解する

ダイエット,脳,腸,体,肥満

「なぜ太ってしまうのか」という正

しい知識を持つことが非常に大切で

す。

食べ過ぎ、運動不足、生活習慣の乱

れなど、なんとなくわかっているつ

もりでも、正しく知識を持っていな

い方がほとんどで、誤解しているこ

とも少なくありません。

 

太る原因が、食生活と日常生活にあ

ることは事実ですが、大切なことは、

食べたものの内容と量

生活習慣による自律神経の機能異常

の2つが重要なんです。

 

本来は、身体を動かしたり、脳を働

かせたり、体内の機能を正常に動か

すために食べます。

このときの摂取量が消費を上回ると

余分なものを貯め込むことになるの

です。

 

また、炭水化物を含む食品を多く食

べることでも太りやすくなります。

食生活においては「量」「質」

太る原因です。

 

生活習慣も太る原因をつくっていま

す。

ストレスなどにより自律神経が正常

に働いていないときは、代謝がうま

く行われていません。

不規則な生活や乱れた食生活は、

内環境も悪化させています。

腸内環境の悪化によって「便秘」な

どの症状により、排出しづらくなっ

ていることもあります。

 

太る原因は、

・食べる量、食べたものの内容

・消費や代謝

・排泄

が重要になります。

これらのバランスが崩れることによ

って太ってしまうのです。

 

量を減らすのではなく質を変える

食べる量を減らすことはダイエット

の定番です。

しかし、無理に減らすことはストレ

スにもなりますし、必要な栄養素が

摂れずに病気や老化の心配もありま

す。

 

ですから量を減らすのではなく、

りやすいものをできるだけ減らす

とからはじめましょう。

食べ方食べる時間帯に気をつける

だけでも十分な効果は期待できます。

 

特別なことをしなくてもエネルギーは消費できる

食べたもののエネルギー量を消費す

ることも大切です。

これまでの日常生活に運動の時間を

新たに加えることは現実的に難しい

かも知れません。

 

普段の生活に階段を利用するなどの、

運動の要素を付け加えるだけで見違

えるような運動量になります。

腸内環境を改善して自律神経のバラ

ンスを整えたり便通をスムース

させたりすることも大切です。

 

脳が欲するメニューを、腸が喜ぶメニューに変える

摂取したエネルギーをきちんと消費

できていれば太ることはありません。

しかしこのバランスが崩れてしまう

のが現実です。

 

そこでとっておきの提案です。

手っ取り早い方法としては、食べる

ものを「腸が喜ぶメニュー」にする

ことです。

これだけでカロリーは自然と減り、

消費や代謝が活発になります。

 

スポンサーリンク

 

ダイエットの常識を覆す “脳ダイエット”

ダイエット,脳科学,腸内細菌,代謝

「お腹が空いた」「食べたい」など

の欲求はすべてによるものです。

脳の言いなりとなって、脳の欲望を

満たしてきた結果、太りやすくなっ

てしまったのです。

 

脳によって太ってしまったわけです

から、脳をコントロールすることで

ダイエットすることが可能です。

これは脳科学で証明されている事実

です。

そのためには、

カロリー制限ではなく、ストレス制

が重要となります。

 

多くの方はストレスによって「太る

脳」にされてしまっています。

これを「痩せる脳」にすればいいの

です。

 

太る脳と痩せる脳の違いはセロトニ

ンの放出量です。

これまでのカロリー制限のダイエッ

ト法では、「太る脳」のままダイエ

ットをしてきたことになります。

 

ですから、「ダイエットをしている

のにどうしてもやせられない」「思

うような結果が出ずにあきらめてし

まう」というようなことになってし

まうのです。

 

「痩せる脳」にするためにはどうし

たらいいかにつきましては、

「脳を放し飼いにしていてはダイエ

ットは成功しない」

「食べ過ぎ脳を徹底的に排除して理

想のボディを手に入れる」

で詳しく解説していますので参照し

てください。

ダイエット,脳科学

 


スポンサーリンク