スポンサーリンク

 

こちらの記事はYouTubeでもご覧いただけます。

脳の空腹感をコントロール

ダイエット,脳科学,空腹感

脳の「食べたい」という欲求を抑えることで結果的にダイエットに導きます。

 

少ない量の食事でも満腹感を得られますので、

ストレスを感じることもなくなります。

 

脳ダイエットのポイントは空腹感満腹感です。

 

つまり、本当にお腹が空いたときでないと食べないことと、

お腹が一杯になるほど食べないこと。

 

スリムな体型を維持している人は無意識にこの2つのことを実践しています。

 

 

偽食欲に騙されている

ダイエット,脳科学,腸内細菌,代謝

「本当にお腹が空いたとき」とは、どういうことなのか。

 

私たちが何かを食べたいと思うのはお腹が空いたと感じるからです。

 

でも、ここに太ってしまう落とし穴があります。

 

「行列ができるほどのお店の料理」や「高級な料理」、

「美味しそうな料理」のことが頭に浮かんだり、

そんな料理が目の前に並んだりすると視覚嗅覚聴覚によって空腹感を誘発してしまうのです。

 

このような「偽食欲」の特長について解説します。

 

突然起こり、今すぐ食べたいと思う

スーパーの食品売場やデパ地下などで美味しそうなスイーツを見ると、

急に食べたくなり今すぐに食べたいと思いますね。

 

これに対して本物の食欲は徐々に湧いてきて、今すぐでなくてもいいと感じます。

 

そしてそれがピークに達したときに食べるのが、

本当にお腹が空いたとに食べるということです。

 

食べたいものがはっきりしている

美味しそうなものを見たときには「コレ」が食べたいと対象物が固定されます。

 

本物の食欲の場合は「お腹が空いてるから食べものなら何でもいい」と思いますし、

多少苦手な食べ物でも食べられてしまいます。

 

時間が経過すると食欲がなくなる

そのときは「今すぐ食べたい」と思っても、

何かの都合で食べられなかったときにはしばらくすると

その食べ物に対する興味はなくなってしまいます。

 

本物の食欲の場合はそうはいきません。

 

時間が経つほどお腹は空いてきますから。

 

「食べたい」と思ったら、

その食欲が偽食欲でないかどうか考える余裕を持ち、

食べるのを控えることが脳ダイエットを成功させる秘訣です。

 

どうせその食欲はすぐに消えてしまものですから。

 

スポンサーリンク

 

脳に騙されている「食べ過ぎ脳を改善する」

ダイエット,脳科学,偽食欲

食事でおいしい物を食べた時、

「おいしい!」という感情以外に「幸せ」を感じると思います。

 

実は私たちの脳は、ちゃんとお腹が空いた状態で食事をすると、

食べ物の本来の味を感じるのです。

 

つまり食べ過ぎ脳の改善に取り組めば、

料理のおいしさもより感じることができるため、

幸せもいっぱい感じられるんです。

 

ダイエットは過酷なイメージがありますが、少しでも幸せを感じられる時があれば、

それがモチベーションのアップにつながって長く続けることができます。

 

食べ過ぎ脳を改善するためのポイントについて解説します。

 

毎日3食、規則的に食べている

健康のためには「しっかり3食食べたほうが良い」というのを、

耳にしたことあると思います。

 

確かに、しっかりした食事を摂るのは健康に良いかもしれませんが、

かえって食べ過ぎ脳になる恐れもあるんです。

 

なぜなら朝・昼・晩と3食しっかり食べているとしたら、

お腹が空いていない状態で食事をしている可能性があるからです。

 

とくに朝食から昼食までの時間が短いので、

お腹が空いていなくても昼食をたくさん食べてしまう方もいらっしゃると思います。

 

もし、あなたが毎日3食を規則的に食べているのなら、

食べ過ぎ脳になっている恐れがあります。

 

食べ物を残さないために無理して食べる

料理を作っていただいた方に対して「申し訳ない」という思いから、

食べ物を残さないように無理して食べてしまう場合です。

 

「食べ物を残すと罰が当たる」と小さい頃よく言われたものですが、

こうした食事をしていると必要以上に食べ過ぎてしまいます。

 

食べ物を残しちゃいけないという悪感が、食べ過ぎ脳を招きます。

 

おいしい食べ物に目がくらみやすい

世の中には、おいしい食べ物が数多くあります。

 

そのため、おいしい食べ物に目がくらみやすい方は、ついつい食べ過ぎてしまっています。

 

特に限定品のようなものを見つけたら、

お腹が空いていなくても食べたくなることもあります。

 

もしかしたら「限定品だから食べ過ぎてもいいから今食べないと損!」

と思う方もいらっしゃるかもしれません。

 

お腹が空いていなくても食べてしまっては、

食べ過ぎ脳からなかなか抜け出せません。

 

まわりに合わせてしまって食べ過ぎる

友人や同僚たちと一緒に食事をすると、

または自分のまわりが美味しそうなものを食べていると、

自分も食べたくなってしまうことがある思います。

 

また自分をお腹いっぱいなのに、

わりからすすめられて余計なものを食べ過ぎてしまうこともありますよね。

 

こうした、まわりの人たちからの誘いを断れない方は、

食べ過ぎ脳になっている可能性があるようです。

 

イライラすると食べ物を食べてしまう

私たち現代人は、普通に生活してても毎日、何かしらストレスを感じています。

 

その原因は人間関係だったり仕事だったりと様々ですが、

ストレスがたまるとたくさん食べ物を食べて、ストレスを解消される方もいらっしゃいます。

 

ストレスが解消されることは良いことです。

 

でも食べ過ぎた結果体重が増え、

その体重の増加がストレスとなってまた食べ過ぎて…といったようになると、

食べ過ぎの悪循環になってしまって手がつけられません。

 

このような方は、すでに食べ過ぎ脳になっている可能性が高いので、

すぐにでも食べ過ぎ脳の改善が必要です。

ダイエット,脳科学

 


スポンサーリンク