スポンサーリンク

 

こちらの記事はYoutubeでもご覧いただけます。

「太る脳」を「痩せる脳」に変える

ダイエット,脳科学,腸内細菌,代謝

ダイエット脳をつくるためには

・意識を変える

・セロトニンの分泌量を増やす  の2つを習慣化すればいいです。

 

太る脳の特長

【食事習慣】

・お腹が空いていないのに決まった時間に食べる

・甘いものなどのおやつを自分に許す

・食べられないと眠れないと思い込む

 

【自分甘やかせ習慣】

・テレビやスマホを見ながらダラダラ食べる

・夜更かしして小腹を満たす

・栄養バランスを考えず、食べたいものを食べる

・外食やコンビニ食で済ます

 

【言い訳習慣】

・冷蔵庫整理を理由に何でもかんでも食べる

・お腹いっぱいでも残すことができずに食べる

・家族の食べ残しがもったいなく食べる

・外食ではみんなと同じものを注文する

・付き合いだからと太るものでも食べる

・イベントではセーブしないで食べる

・個数限定、期間限定メニューに手を出す

・食べ放題、バイキングでは元を取る

 

このように、脳の好き勝手にさせておくことが「太る脳」になってしまうのです。

 

脳は “習慣化” というワザを使います。

 

習慣化はおよそ90日で完成します。

 

ですから、「痩せる脳」になるための習慣をつくってしまえばいいのです。

 

「痩せる脳」に変える習慣

【食事習慣のコントロール】

・どんなときも食べるものの量や内容を自制する

・好きなものを食べても次の食事で調整する

・お腹が空いたときだけ食べる

・腹八分目でやめる

・太る食べ物には手を出さない

 

【自己抑制のコントロール】

・勧められてもダイエットに不向きなものはノー

・ダイエットの目的に集中する

・なんと思われようがダイエットを宣言する

・外食では注文する前に量を確認する

・食べ放題やバイキングには行かない

 

【考え方のコントロール】

・食べ物に感謝しながらゆっくり食べる

・食べることをストレス発散にはしない

・日常生活はなるべく歩く、階段を使う

・家事を運動の一環と捉える

・積極的に外出する

・人との交流を楽しむ

 

このように意識を変えればいいのですが、

現実には意識を変えることはとても難しいことです。

 

ですからもっと簡単に脳をコントロールする方法を伝授します。

 

手っ取り早い方法として「満腹中枢」を敏感にする方法があります。

 

脳内物質のセロトニン量を増やせばいいのです

 

セロトニンの放出量を増やすことで満腹中枢が刺激されます。

 

満腹中枢への刺激が食べ過ぎを抑えたり

きなものが食べられなくても満足感を得られるようになります。

 

スポンサーリンク

 

セロトニンで満腹中枢を刺激する

ダイエット,脳科学,腸内細菌,代謝

太る脳と痩せる脳の違いはセロトニンの放出量です。

 

これまでのカロリー制限のダイエット法では、

「太る脳」のままダイエットをしてきたことになります。

 

ですから、「ダイエットをしているのにどうしてもやせられない」

「思うような結果が出ずにあきらめてしまう」というようなことになってしまうのです。

 

セロトニンの最大の敵は「ストレス」です。

 

食べたいものをガマンすること自体がストレスを呼び込むことになります。

 

これまでの「食べたいものをガマンするダイエット法」では、

確実にストレスになっていました。

 

ストレスによってセロトニンの放出量は減少してしまい、

いくら食べても満腹感を得られず、かえって食べすぎを引き起こしてしまうというわけです。

 

また、ダイエット中はカロリーが低いものを食べるという人が多いようですが、

低カロリーでもまずいものを食べていると、それがストレスとなり、

やはりセロトニンの分泌が減って、結局、ドカ食いをすることになりかねません。

 

むしろ、好きなものを食べてストレスを防ぐほうがダイエットには効果的です。

 

美味しいものを食べて満足すると、脳内でセロトニンが多く分泌されます。

 

すると満腹中枢が刺激されますので、

それほど量を食べなくても満足感を得ることができるようになるのです。

 

セロトニンはトリプトファンというアミノ酸から脳内でつくられます。

 

トリプトファンを多く含んでいる食品は肉類マグロカツオなど赤味の魚です。

 

ですから、効率よくトリプトファンを摂取するためには肉類を適量食べたほうがいい、

ということになります。

 

このとき重要なのは、

トリプトファンが血液中から脳内に入るときにはブドウ糖を必要とするという点です。

 

つまり、肉類をいくら食べても、ブドウ糖がないと脳内にトリプトファンが入ってきません。

 

手っ取り早くブドウ糖を吸収するには「砂糖」です。

 

食後に砂糖をとると、すぐに脳内にセロトニンが分泌されて満腹感や満足感が得られます。

 

その意味で、肉類を食べたあとにザートとしてケーキを食べることは

たいへん理にかなっており、ダイエットを成功させるためには非常に効果的なことなのです。

 

セロトニンの食事メニューにつきましては、下記を参照してください。

「セロトニン・メニュー・プログラム」

 

 

脳がしでかす「ウソの食欲」

「お腹が空いた」という食欲にはソと本当があります。

 

脳が空腹だと錯覚する食欲にダマされてしまうと肥満になります。

 

これは身体のなかの栄養分を補給を促す本当の食欲と、

脳が欲しがる錯の食欲です。

 

血液中の栄養分が減ったために自然に体が食べることを求めるものです。

 

「お腹が空いたから食べる」というのが本来の自然な欲求です。

 

これらの欲求は長い時間をかけて習慣化されています。

 

ただ、転職などで環境が変わったり、

休日などの普段と違う生活では、そのリズムは変わるのが正しいのです。

 

普段は朝食を7時に食べているのに、

10時に食べて、12時に昼食を食べようとするのは、

明らかに脳に騙されたウソの食欲ということになります。

 

決められた食事の時間だと思ったり、

好きな食べ物を見たりしたときに、脳が空腹だと錯覚する食欲があります。

 

これは、いわば「ウソの食欲」とでも呼ぶべきもので、

生活のリズムが変化したときに生じやすい傾向があります。

 

本来の人間の生活リズムは、朝食、昼食、夕食をだいたい決まった時間にとり、

夜には眠るという生活です。

 

このリズムが崩れる要因があったときに、

脳のウソの食欲にダマされないことが大切です。

ダイエット,脳科学

 


スポンサーリンク