スポンサーリンク

 

こちらの記事はYouTubeでも

ご覧いただけます。

 

寝転がっているだけで痩せられる基礎代謝

ダイエット,基礎代謝,肝臓強化

人間が動くために必要な総エネルギ

ー量は、基礎代謝量6割活動代謝

量3割食事誘発性熱産生1割です。

 

基礎代謝量とは、体を動かさなくて

も必要とされるエネルギー量

活動代謝量とは、日常生活や運動に

よって必要となるエネルギー量。

食事誘発性熱産生とは、食事をした

ときに発生するエネルギー量。

のことを言います。

 

代謝全体の6割を占める基礎代謝量

は、加齢とともに減少していくこと

が知られており、こうした基礎代謝

量の減少を抑えるために運動を行い、

今の筋肉量を維持することが必要だ

と言われています。

 

しかし、基礎代謝量に占める各部位

の割合は、肝臓が最も高く3割程度

を占め、脳が2割程度、筋肉も2割

程度、その他の臓器全体で3割です。

このことから、運動して筋肉量を増

やす、もしくは維持することはもち

ろん大切なのですが、実はその影響

は基礎代謝量全体の2割程度なんで

す。

 

 

肝臓強化が基礎代謝を上げる早道

ダイエット,基礎代謝,肝臓

基礎代謝量のなかで「肝臓」は最も

代謝量の多い器官です。

筋肉をつけるよりも、肝臓を強化す

ることの方が、自然と基礎代謝量が

上がります。

 

肝臓を強化するのに大切な成分が、

オルニチン亜鉛ルクミンです。

オルニチンは、アミノ酸の一種です。

期待できる効果としては疲労回復

解毒作用など、肝臓の力になってく

れる働きをします。

 

亜鉛はさまざまな効果が期待できま

すが、基礎代謝を上げる、という点

で着目するとアルコールの分解に関

係すると言えます。

亜鉛はお酒を飲んだ後にアルコール

を分解するために大量に必要とされ

ます。

そのため、体内の亜鉛が不足してし

まうと肝臓に大きな負担をかけてし

まうことになるのです。

 

クルクミンとは、ウコンに含まれる

事で有名な黄色い色の成分です。

その効果としては、肝臓の働きを助

けたり胆汁を出やすくしてくれる

ど、とくに肝臓の助けになる働きが

多いのです。

 

肝臓を強化する食べ物としては、

・しじみ

・牡蠣

・レバー

・緑黄色野菜

などがあります。

 

肝臓を強化する飲み物では、

・緑茶

・コーヒー

などです。

 

その他漢方薬などでは、

・田七人参

・柴胡桂枝湯

・瑞芝

などです。

 

これらの食べ物や飲み物、サプリメ

ントで栄養補給することで肝臓は強

化されますが、そもそも肝臓にダメ

ージを与えないことがもっとも重要

です。

 

肝臓へ負担かける生活習慣とは、

・お酒の飲み過ぎ

・食べ過ぎ

・薬の飲み過ぎ

などです。

 

このうち薬の飲み過ぎについて解説

します。

鎮痛薬などの飲み薬の多くは、肝臓

で分解されるようになっています。

手軽に服用しすぎると、肝臓に負担

をかけることになってしまうのです。

 

スポンサーリンク

 

その他、生活習慣によって基礎代謝を上げる方法

ダイエット,基礎代謝,肝臓,生活習慣

生活習慣そのものを見直すことで基

礎代謝量の減少を抑えることができ

ます。

とくにに身体を冷やすことが多くな

ると体内で産生されるエネルギー量

は減ってしまいますので、適度に温

めることが大切です。

 

食事

朝は忙しいからといってついつい朝

食をとらずに仕事に出かけるといっ

たことはありませんか。

食事をとることによって顎を動かし

脳に刺激を与えて覚醒させ体温を

上げる効果があります。

朝食はしっかりよく噛んで食べるこ

とを心がけましょう。

また食事の際に冷たいものばかりを

とりすぎると、胃腸が冷えてしまい

基礎代謝を減らしてしまうことにつ

ながります。

温かいスープお味噌汁などを上手

に活用し、適度に体を温めるものを

食事の中に含めるようにするといい

ですね。

しょうがニンニク唐辛子といっ

た体を温める食材もオススメです。

 

休養

一日の疲れを入浴で癒やしたいと考

えるのであれば、シャワーだけでは

なく必ず湯船につかって体を温める

ようにしましょう。

 

暑い時期ほどシャワーだけですまし

てしまいがちですが、体を芯から温

めることによって血流がよくなり、

疲労回復につながります。

また身体を冷やさないという点から

考えても基礎代謝を増やす生活習慣

と言えるでしょう。

 

運動

運動する時間をわざわざ設けるとい

うよりも、家事仕事の合間自宅

でのんびりしている時間をうまく使

って「体を動かす」ことを意識して

みましょう。

 

座った姿勢よりも立った姿勢のほう

がより多くの筋肉を動員しますし、

さらにこまめに動くと活動量が増え

るため血流の改善につながります。

運動をして筋肉量を増やすにはかな

りハードなトレーニング内容と、あ

る程度まとまった時間が必要となり

ます。

普段の活動量を増やすことで体を温

め、内臓や筋肉などがより多くのエ

ネルギーを産生するため、基礎代謝

量が増えることにつながります。

ダイエット,脳科学

 


スポンサーリンク